相続税申告ガイド

【自分で相続税申告】第8表ー外国税額控除額の計算書の記載方法

この記事をシェア

相続税申告書は難しい財産をお持ちでなければ自分でも作成ができます。自分でできれば税理士に依頼する分のコストも下げられ財産を多く残すことができますし、相続について家族でちゃんと向き合うきかっけとなり、結果として家族の不和もなくなると私たちは考えています。
今回は自分で相続税申告に挑戦したいという方に向けて国税庁が公開している最新版(令和元年分用)相続税申告書の中の第8表ー外国税額控除額の計算書の記載方法を解説します。

相続税申告書の記載順のおさらい

国税庁|申告書の記載順

相続税申告書は第1表から第15表までありますが、すべてを順番に記載していくのではなく必要な帳表を上図の順で作成をします。
今回は赤枠の適用できる税額控除のうち外国税額控除にあたる部分を解説しています。

その他帳表の記載方法はこちら第1表-相続税の申告書第2表-相続税の総額の計算書第4表-相続税額の加算金額の計算書(2割加算)第4表の2-暦年課税分の贈与税額控除額の計算書第5表-配偶者の税額軽減額の計算書第6表-未成年者控除額の計算書第6表-障害者控除額の計算書第7表-相次相続控除額の計算書
・第8表-外国税額控除額の計算書
・第9,10表,11・11の2表の付表1の記載方法まとめ第11,13,14,15表の記載方法まとめ

外国税額控除が受けられる人

外国にある財産を相続で引き継ぐ場合、外国でも相続税を支払う場合があります。外国税額控除はすでに外国で相続税を支払っている場合は、日本の相続税から一定額を控除するものです。

1. 相続税のかかる財産が外国にある
2. 1の財産について、外国において日本の相続税に相当する税が課税されている

控除できる額

次のⅠもしくはⅡの少ない方の金額が控除額となります。

Ⅰ:外国で支払った相続税に相当する税額
Ⅱ:日本の相続税額 × 外国にある財産額 ÷ 相続財産の総額

外国税額控除額の計算書の記載方法

外国税額控除額の計算書

外国で相続税に相当する税を課せられた人の氏名

外国で相続税に相当する税金を支払った人の氏名。

外国の法令により課せられた税

支払った国及び税の名称、①納期限(年月日)、②税額(現地レートでの税額)で記載をします。

③①の日現在における邦貨換算率

外国で課税された相続税の納期限時のTTSレートを記載します。
メインバンク等の取引金融機関のレートでご確認ください。

※TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)
銀行が顧客に外貨を販売する際の「売りレート」のことをいいます。

④邦貨換算税額

②欄×③欄で計算した日本円に換算した税額を記載します。

⑤邦貨換算在外純財産の価額

相続財産のうち相続開始日に外国にある財産の総額(TTSで算出した日本円の金額)を記載します。

⑥[⑤の金額 / 取得財産の価額]の割合

相続で取得する財産の合計額に⑤欄の外国にある財産の総額の割合を記載します。記載方法は小数点、分数どちらでもかまいません。

⑦相次相続控除後の税額×⑥

第1表の「⑨+⑪−(⑫+⑬+⑭+⑮+⑯)」欄の計算結果を記載します。

⑧控除額

④欄と⑦欄のいずれか少ない方の金額を転記します。
ここの金額を各人の「第1表⑰」欄に転記します。

その他帳表の記載方法はこちら第1表-相続税の申告書第2表-相続税の総額の計算書第4表-相続税額の加算金額の計算書(2割加算)第4表の2-暦年課税分の贈与税額控除額の計算書第5表-配偶者の税額軽減額の計算書第6表-未成年者控除額の計算書第6表-障害者控除額の計算書第7表-相次相続控除額の計算書
・第8表-外国税額控除額の計算書
・第9,10表,11・11の2表の付表1の記載方法まとめ第11,13,14,15表の記載方法まとめ

誰でも簡単に申告書が作成できる「AI相続」

当社が開発・運営している「AI相続」を使えば相続税申告に関する知識がなくとも、必要な情報(被相続人・相続人情報、相続財産等)をフォームに沿って入力するだけで、相続税申告書を誰でも簡単に作成できるクラウドシステムです。作成された申告書は印刷でき、捺印後そのまま税務署へ提出することが可能です。
相続に関する知識のない方でも完遂できるよう簡易な入力フォーム、入力項目の解説機能を搭載しています。
現在、完全無料で、最新版の令和元年分用フォームでの相続申告書を作成できる、日本で唯一のシステムです。
チュートリアル版(インスタント版)では、税理士に依頼した場合の報酬額を把握することも可能です。
AI(人工知能)を搭載しており、申告書作成時に躓きやすいポイントを事前予測し解決策を提案します。申告書を入手、手書きする必要はありません。
完全無料!AIによるサポートで申告書が作成できる「AI相続」

外国税額控除で疑問や不安がある方は税務署もしくは専門家へご相談を

税務署は基本的なことであれば無料相談が可能です。
自分で相続税申告書を作成たものの、税理士にチェックしてほしい、もっと税額を下げる方法はないのか、二次相続で少しでも税額が下がるような遺産分割方法を知りたいなど、税理士の助けが必要な場合はご相談ください。相続経験豊富な税理士による相続税申告を348,000円から承っております。

相続税申告の他にも相続に関するご相談や不安がありましたら、お客様家族の状況に寄り添い、社内で税理士、弁護士、司法書士、ファイナンシャルプランナーが協議し、ベストな提案をするみなと相続コンシェルへご相談ください。
みなと相続コンシェルのサービスはこちら

アバター画像

みなと相続コンシェル編集部

相続財産の評価方法はもちろん、これまでの専門家とは違った考え方で相続に関する情報を誠実かつ、わかりやすく発信していきます。 自分で相続税申告書ができる「AI相続」を開発・運営しています。

無料で使える相続税申告書ソフト『AI相続』

AI相続について詳しく

当社のサービスを利用して
相続税申告にかかる費用を抑えることができます。

サポート・お問い合わせ

03-6824-7371 【受付時間】平日9:00〜17:00

お問い合わせフォーム